映画『カジノ』の魅力の理由を知る

もしマフィアが存在していなくても、必ずマフィアは登場するでしょう。ラスベガスと同じです。法の外にある何でもできるものを信じたいという願望は共通して存在しています。恵まれている億万長者なら、昼も夜もなくお金で何でも買えますが、当然、ラスベガスに行く人は損をすることもあります。それでも、人は希望という夢を見るものです。大半の人が楽観主義者でなければ、ラスベガスも存在しなかったでしょう。

マーティン・スコセッシ監督の興味深い映画『カジノ』では、マフィアとラスベガスの関係について多くのことが学べます。本作は、かつてギャングのために4つのカジノを経営していた男性の実話を描いた、ニコラス・ピレッジの本を題材にしています。人目につかない場所で、まるで盗み聞きをしているかのような気分になるでしょう。映画は自動車爆弾から始まり、サム・「エース」・ロススティーンの姿がスクリーンに描き出されます。

冒頭

最初の1時間は、ロススティーン(ロバート・デ・ニーロ)らが、マフィアがカジノで大金を搾り取った様子を語ります。その夜はまるでドキュメンタリーのようです。

これは、魅力的な表現方法です。もしスロットマシンの25%を略奪できたとしたら ― その大量のコインをどうしますか?毎週カンザスシティのギャングに配るため、スーツケースに入れられる紙幣に変えるにはどうすればいいのでしょうか?『カジノ』なら熟知しています。他のフードショップや、ギフトショップでくすね取る方法も。ある男がブラックジャックで不正行為をした際には、警備員数人が銃を突きつけました。カジノが金を奪われないよう、どうしているのかも熟知しています。

彼は倒れ、警備員に治療にと小部屋に連れていかれます。その後、彼は自分が重大なミスを犯したことを認めました。

ロススティーンには複数の才能があったため、スポーツブックメーカーとして活動を始めます。これは実在の人物フランク・「レフティ」・ローゼンタールをモデルにしています。『カジノ』経営の力があり、ひとめぼれした金銭至上主義のジンジャー(シャロン・ストーン)と結婚します。

ジンジャーを見たエースはフリーズしてしまいます―ジンジャーに夢中になってしまうのです。エースは彼女に山のようなプレゼントを贈りますが、彼女はレスター・ウッズというヒモ男との関係も諦めたくはありません。しかし彼女はロススティーンに身売りします。車、宝石、毛皮、プールハウス、そして金庫の鍵のため、彼女はロススティーンと結婚するのでした。それは、エースにとって大きな間違いでした。そしてこれが、映画『カジノ』がこれほど良い映画たる理由ともなっています。

More Stories
映画『カジノ』の良さを認めざるを得ない理由