最高傑作映画『カジノ』の良さ

『グッドフェローズ』と非常に関連した内容であるため、『カジノ』この作品のリメイクのように感じられました。

その理由とは

マーティン・スコセッシ監督は、5年前に有名なギャング映画『グッドフェローズ』で一世を風靡しました。同じくギャング映画『カジノ』の評価はやや低くなりましたが、映画の観客を魅了しました。しかし『グッドフェローズ』とテーマ、筋書き、キャラクターが似ているため、リメイクのように感じられたのです

当初は、『グッドフェローズ』の二番煎じとして軽視されていました。これはいろいろな意味でもっともと言える場合もあるでしょうが、批評家が『カジノ』に極端に反応しすぎたとも言えるかもしれません。ここでは、マーティン・スコセッシ監督の『カジノ』どのように評価されているか、なぜ過小評価されている『グッドフェローズ』リメイクに過ぎないと言われているかなど、その理由を5つご紹介します。

映画による最良のラスベガス描写

多くの映画は、ドラッグ、ゲーム、ストリッパーに溢れた都市としてラスベガスを描いてきました。最も効果的なのは、週末にパーティーをするのに最適な場所と考える人の側からの描写です。ほとんどの映画は、前者(例:ハングオーバー)または後者(例:リービング・ラスベガス)のどちらの描写であるかが明白です。

『カジノ』が最高なのは、これら両方の側面を独自の巧みなバランスで描いているからです。一部のゲーマーは間違いなくカジノを楽しむでしょうし、突然悪辣な考えを起こすかもしれません。そのような微妙な境界線上を漂っているのです。

『グッドフェローズ』リメイク:ニコラス・ピレッジの情報豊富な執筆スタイル

『グッドフェローズ』『カジノ』は似ているかもしれません。確かに、まさに同じ著者ニコラス・ピレッジによる実話の犯罪本を基にしています。ピレッジは、両方の脚本作りでマーティンスコセッシと協力しました。脚本はどちらも、ノンフィクション小説に相当するノンフィクション映画のスタイルで書かれています。

作家コンビが独特の作風を持っているのは、決して悪いことではありません。コーエン兄弟の脚本、どれも同じような書き方をしています。しかし、作風を生かして協力して様々なテーマを扱っているので、リメイクのようには決して感じられません。

『グッドフェローズ』各キャラクターの結末

『グッドフェローズ』では、ヘンリー・ヒルの人格に迫ります。ヘンリーが仲間を裏切り、証人保護の名の下に姿を消したという、原作の本当の筋書きに起因する部分もあります。しかし登場人物の大部分は、有罪判決を受け、刑務所送りとなっています。

『グッドフェローズ』リメイク:ギャングたちの栄枯盛衰

マーティン・スコセッシは、組織犯罪をテーマにした映画を数多く製作してきました。『カジノ』『グッドフェローズ』以外に同じ設定のものはありません。ミーン・ストリートではいとことある男の関係を描きます。ディパーテッドはいたちごっごのスリラーですし、ギャング・オブ・ニューヨークアメリカの移民についての話です。

More Stories
映画『カジノ』のあらすじとその魅力