映画『カジノ』は、誰もが耳にしたことがあるのではないでしょうか。カジノの内側まで見せてくれるハリウッド映画で、仲の良い友人たちが自力でカジノ帝国を築き上げようとする物語です。その過程で直面する問題が描かれています。1995年に大ヒットしました。この映画を長すぎるという人もいますが、実際のところ、見ている間に飽きることはありません。この映画は、見る時間を費やすだけの価値があります。同時に、カジノについていろんなことを理解できるようになります。カジノについてもっと知りたいと思っているのなら、当然見たいと思うでしょう。見て損はありません。 カジノ映画を見る理由は? 前述のように、この映画を見ればカジノのことがいろいろ分かります。映画に出てくるカジノは非現実的のように思えますが、このカジノは現実に存在するのです。この映画で多くの知識が得られるでしょう。話の展開が面白いだけでなく、同様に、非常に多くのアイデアが得られると思います。作中のちょっとしたことまで気が付くのではないでしょうか。だからこそ、この映画を見たくなるし、見ていて楽しいポイントでしょう。時が過ぎるのを忘れるでしょう。カジノの映画は退屈しないので、週末に最高の映画です。この映画は、90年代後半の傑作であり最高の映画だと言われています。ぜひ見ておきたいものです。 家族と見て楽しめる映画ですか? もちろんです。恐らく子どもはじっと座って映画をしっかりと見ないでしょうから。また、友達をテーマにした映画ですから、友達と一緒に観てもいいでしょう。友達と一緒に見ることになれば、全編を通して新しい体験となり、あらゆるシーンを楽しめるます。この映画では、カジノで実際に起こっていることが出てきます。カジノをプレイしたことがある人なら、共感できるはずです。カジノのことを知らない人でも、何らかのヒントが得られるでしょう。 かなり長い映画ですか? 本作品の上映時間はやや長めですが、話の展開や物語を理解し出すとあっという間に時間が経つでしょう。映画のストーリーが非常に興味深いのでご心配なく。これこそ、この映画を見るべき理由であり、間違いなくカジノについて詳しく理解できるようになります。... Read More
マーティン・スコセッシ監督は、この魅力的な映画『カジノ』の中で、ラスベガスとマフィアのつながりの一端を描きました。本作は、かつてギャングのために4つのカジノを経営していた男性の実話を描いた、ニコラス・ピレッジの本をもとにしています。ミステリアスな場所にいる気分になる人もいるでしょう。 映画『カジノ』の良さ 映画は冒頭から自動車爆弾で始まり、サム・「プロ」・ロススティーンという人物について語られます。そして彼の身に起こっていることが描き出されていきます。最初の1時間は語りであり、ロススティーン(ロバート・デ・ニーロ)らがカジノで何百万ドルもを稼ぎ出す様子が描かれます。 これはたいへん不思議です。スロットマシンの25%が手に入ると想像してみてください。大量のコインをどう処理しますか?どうやって毎週カンザスシティの仲間たちに運べるよう紙幣に変えますか?『カジノ』ならそれが分かります。他の娯楽や食品店の報酬からかすめ取る方法までも分かります。そしてカジノで不正にくすねようとすると、どうなるかも。ブラックジャックで男がイカサマをするハプニングがありますが、警備員数人が男のところに走ってきて、おどろおどろしい武器を突きつけます。 想像を絶する結果 『カジノ』は、『グッドフェローズ』と同じキャスティングで製作されました。ロバート・デ・ニーロとジョー・ペシは、別の暴力映画にもキャスティングされています。 映画『カジノ』の良さ スコセッシは例外なく成功を収め俳優たちも素晴らしく演じている中、他の人をキャスティングする必要が一体あるでしょうか?ロバート・デ・ニーロ演じるサム・ロススティーンは、『タクシー・ドライバー』でのトラヴィス・ビックルや『キングオブコメディ』のルパート・パプキンのような素晴らしい役ではないかも知れませんが、デ・ニーロはこの役柄を演じることに非常にコミットしています。ペシも同様ですし、サムの妻を演じるシャロン・ストーンは格別です。 語りによるモノローグ 『グッドフェローズ』と同じく、『カジノ』はナレーションによって語られます。スコセッシは、『グッドフェローズ』が好評だったため『カジノ』でも少しやりすぎてしまったかも知れません。『グッドフェローズ』ではナレーションの台本が終わるタイミングが分かりましたが、映画『カジノ』全体は基本的に途切れることがありません。プロットの一部が、登場人物たちの談話シーンで語られることがあり、それはスコセッシの好みでしょう。情報を伝える際には、ナレーションは最後の選択肢として使用される、などといった制約は『カジノ』には存在しません。... Read More
『グッドフェローズ』と非常に関連した内容であるため、『カジノ』はこの作品のリメイクのように感じられました。 その理由とは マーティン・スコセッシ監督は、5年前に有名なギャング映画『グッドフェローズ』で一世を風靡しました。同じくギャング映画『カジノ』の評価はやや低くなりましたが、映画の観客を魅了しました。しかし『グッドフェローズ』とテーマ、筋書き、キャラクターが似ているため、リメイクのように感じられたのです。 当初は、『グッドフェローズ』の二番煎じとして軽視されていました。これはいろいろな意味でもっともと言える場合もあるでしょうが、批評家が『カジノ』に極端に反応しすぎたとも言えるかもしれません。ここでは、マーティン・スコセッシ監督の『カジノ』がどのように評価されているか、なぜ過小評価されているか、『グッドフェローズ』のリメイクに過ぎないと言われているかなど、その理由を5つご紹介します。 映画による最良のラスベガス描写 多くの映画は、ドラッグ、ゲーム、ストリッパーに溢れた都市としてラスベガスを描いてきました。最も効果的なのは、週末にパーティーをするのに最適な場所と考える人の側からの描写です。ほとんどの映画は、前者(例:ハングオーバー)または後者(例:リービング・ラスベガス)のどちらの描写であるかが明白です。 『カジノ』が最高なのは、これら両方の側面を独自の巧みなバランスで描いているからです。一部のゲーマーは間違いなくカジノを楽しむでしょうし、突然悪辣な考えを起こすかもしれません。そのような微妙な境界線上を漂っているのです。 『グッドフェローズ』のリメイク:ニコラス・ピレッジの情報豊富な執筆スタイル 『グッドフェローズ』と『カジノ』は似ているかもしれません。確かに、まさに同じ著者ニコラス・ピレッジによる実話の犯罪本を基にしています。ピレッジは、両方の脚本作りでマーティン–スコセッシと協力しました。脚本はどちらも、ノンフィクション小説に相当するノンフィクション映画のスタイルで書かれています。 作家コンビが独特の作風を持っているのは、決して悪いことではありません。コーエン兄弟の脚本も、どれも同じような書き方をしています。しかし、作風を生かして協力して様々なテーマを扱っているので、リメイクのようには決して感じられません。... Read More
もしマフィアが存在していなくても、必ずマフィアは登場するでしょう。ラスベガスと同じです。法の外にある何でもできるものを信じたいという願望は共通して存在しています。恵まれている億万長者なら、昼も夜もなくお金で何でも買えますが、当然、ラスベガスに行く人は損をすることもあります。それでも、人は希望という夢を見るものです。大半の人が楽観主義者でなければ、ラスベガスも存在しなかったでしょう。 マーティン・スコセッシ監督の興味深い映画『カジノ』では、マフィアとラスベガスの関係について多くのことが学べます。本作は、かつてギャングのために4つのカジノを経営していた男性の実話を描いた、ニコラス・ピレッジの本を題材にしています。人目につかない場所で、まるで盗み聞きをしているかのような気分になるでしょう。映画は自動車爆弾から始まり、サム・「エース」・ロススティーンの姿がスクリーンに描き出されます。 冒頭 最初の1時間は、ロススティーン(ロバート・デ・ニーロ)らが、マフィアがカジノで大金を搾り取った様子を語ります。その夜はまるでドキュメンタリーのようです。 これは、魅力的な表現方法です。もしスロットマシンの25%を略奪できたとしたら ― その大量のコインをどうしますか?毎週カンザスシティのギャングに配るため、スーツケースに入れられる紙幣に変えるにはどうすればいいのでしょうか?『カジノ』なら熟知しています。他のフードショップや、ギフトショップでくすね取る方法も。ある男がブラックジャックで不正行為をした際には、警備員数人が銃を突きつけました。カジノが金を奪われないよう、どうしているのかも熟知しています。 彼は倒れ、警備員に治療にと小部屋に連れていかれます。その後、彼は自分が重大なミスを犯したことを認めました。 ロススティーンには複数の才能があったため、スポーツブックメーカーとして活動を始めます。これは実在の人物フランク・「レフティ」・ローゼンタールをモデルにしています。『カジノ』経営の力があり、ひとめぼれした金銭至上主義のジンジャー(シャロン・ストーン)と結婚します。 ジンジャーを見たエースはフリーズしてしまいます―ジンジャーに夢中になってしまうのです。エースは彼女に山のようなプレゼントを贈りますが、彼女はレスター・ウッズというヒモ男との関係も諦めたくはありません。しかし彼女はロススティーンに身売りします。車、宝石、毛皮、プールハウス、そして金庫の鍵のため、彼女はロススティーンと結婚するのでした。それは、エースにとって大きな間違いでした。そしてこれが、映画『カジノ』がこれほど良い映画たる理由ともなっています。... Read More
カジノ関連の映画は多数あります。カジノやギャンブルシーンのある映画というだけでは不十分です。良いカジノ映画は、すぐに消えてなくなるようなものではなく、芸術作品である必要があります。カジノゲームやギャンブルを幅広く描いた良質な映画を見つけるのは、容易ではありません。 カジノ映画を見る理由: ギャンブルに関する映画は、変化に富んだ映画が多くドラマチックです。用心深く慎重な人を見るのは楽しいことではありませんが、「大金を手にする」という極端で愚かとも言える希望を持って、常に自分の幸福のために行動する人を見るのは楽しいものです。ギャンブル映画中のプレイヤーは、様々な意味で、難しい案件を担当する熟練警官のようなものです。彼らは通常、賞金を含め、穏やかな生活だけでは満足しません。映画では、カジノ帝国のオーナーが直面する葛藤や、問題を克服していく様子を心中の描写とともに描いていきます。カジノ映画はまた、ギャンブラーがプレイするゲームの現実的な影響を表現しています。 映画からは、ゲームのコツも学べます。また、イカサマをするプレイヤーの見つけ方や、彼らが相手を騙す方法も分かり、現実に役立つ情報が得られます。映画では、カジノゲームの様々な側面や、オーナーが稼いだ利益などが紹介されています。 映画『カジノ』について: 映画『カジノ』は、ラスベガスにカジノ帝国を建設することを目指す2人の友達の話です。この映画のさらに面白い点は、この2人は実話を基にしていることです。この映画に出てくるエースは、ラスベガスの商業地にあるカジノ「タンジール」を経営するイタリア系マフィアの人間です。犯罪歴のあるエースにはカジノ経営のライセンス発給を受ける事が困難でした。そんな苦境の中、マフィアのボスによる手配で、エースの幼馴染のニッキー・サントロが友人を助けようとやって来ます。このボスはニッキーをエース担当に任命した人であり、組織の秘密の保護者でもあります。 エースは成功するために最善を尽くしますが、友人ニッキーの危険かつ暴力的で冷酷な行動により、危機にさらされます。これは、性格の異なる2人の友人がマフィアの助けを借りてカジノで成功しようとする物語です。カジノで成功できるかどうかがクライマックスで、エースは苦闘の末に成功を収めます。程なくして、彼は新しく、持続的で、現代的なカジノに道を譲るべく、タンジールを解散しました。 カジノ映画を見る理由は? この映画を見る人は、劇場席に座ることになるでしょう。サスペンス、友情、愛、裏切りなどの要素が盛りだくさんで、何度でも見たくなる作品です。カジノゲームの様子が映画では芸術的に描かれ、カジノ愛好家なら全編飽きずに見られます。... Read More

This is an optional subtitle

映画『カジノ』は、誰もが耳にしたことがあるのではないでしょうか。カジノの内側まで見せてくれるハリウッド映画で、仲の良い友人たちが自力でカジノ帝国を築き上げようとする物語です。その過程で直面する問題が描かれています。1995年に大ヒットしました。この映画を長すぎるという人もいますが、実際のところ、見ている間に飽きることはありません。この映画は、見る時間を費やすだけの価値があります。同時に、カジノについていろんなことを理解できるようになります。カジノについてもっと知りたいと思っているのなら、当然見たいと思うでしょう。見て損はありません。 カジノ映画を見る理由は? 前述のように、この映画を見ればカジノのことがいろいろ分かります。映画に出てくるカジノは非現実的のように思えますが、このカジノは現実に存在するのです。この映画で多くの知識が得られるでしょう。話の展開が面白いだけでなく、同様に、非常に多くのアイデアが得られると思います。作中のちょっとしたことまで気が付くのではないでしょうか。だからこそ、この映画を見たくなるし、見ていて楽しいポイントでしょう。時が過ぎるのを忘れるでしょう。カジノの映画は退屈しないので、週末に最高の映画です。この映画は、90年代後半の傑作であり最高の映画だと言われています。ぜひ見ておきたいものです。 家族と見て楽しめる映画ですか? もちろんです。恐らく子どもはじっと座って映画をしっかりと見ないでしょうから。また、友達をテーマにした映画ですから、友達と一緒に観てもいいでしょう。友達と一緒に見ることになれば、全編を通して新しい体験となり、あらゆるシーンを楽しめるます。この映画では、カジノで実際に起こっていることが出てきます。カジノをプレイしたことがある人なら、共感できるはずです。カジノのことを知らない人でも、何らかのヒントが得られるでしょう。 かなり長い映画ですか? 本作品の上映時間はやや長めですが、話の展開や物語を理解し出すとあっという間に時間が経つでしょう。映画のストーリーが非常に興味深いのでご心配なく。これこそ、この映画を見るべき理由であり、間違いなくカジノについて詳しく理解できるようになります。... Read More
マーティン・スコセッシ監督は、この魅力的な映画『カジノ』の中で、ラスベガスとマフィアのつながりの一端を描きました。本作は、かつてギャングのために4つのカジノを経営していた男性の実話を描いた、ニコラス・ピレッジの本をもとにしています。ミステリアスな場所にいる気分になる人もいるでしょう。 映画『カジノ』の良さ 映画は冒頭から自動車爆弾で始まり、サム・「プロ」・ロススティーンという人物について語られます。そして彼の身に起こっていることが描き出されていきます。最初の1時間は語りであり、ロススティーン(ロバート・デ・ニーロ)らがカジノで何百万ドルもを稼ぎ出す様子が描かれます。 これはたいへん不思議です。スロットマシンの25%が手に入ると想像してみてください。大量のコインをどう処理しますか?どうやって毎週カンザスシティの仲間たちに運べるよう紙幣に変えますか?『カジノ』ならそれが分かります。他の娯楽や食品店の報酬からかすめ取る方法までも分かります。そしてカジノで不正にくすねようとすると、どうなるかも。ブラックジャックで男がイカサマをするハプニングがありますが、警備員数人が男のところに走ってきて、おどろおどろしい武器を突きつけます。 想像を絶する結果 『カジノ』は、『グッドフェローズ』と同じキャスティングで製作されました。ロバート・デ・ニーロとジョー・ペシは、別の暴力映画にもキャスティングされています。 映画『カジノ』の良さ スコセッシは例外なく成功を収め俳優たちも素晴らしく演じている中、他の人をキャスティングする必要が一体あるでしょうか?ロバート・デ・ニーロ演じるサム・ロススティーンは、『タクシー・ドライバー』でのトラヴィス・ビックルや『キングオブコメディ』のルパート・パプキンのような素晴らしい役ではないかも知れませんが、デ・ニーロはこの役柄を演じることに非常にコミットしています。ペシも同様ですし、サムの妻を演じるシャロン・ストーンは格別です。 語りによるモノローグ 『グッドフェローズ』と同じく、『カジノ』はナレーションによって語られます。スコセッシは、『グッドフェローズ』が好評だったため『カジノ』でも少しやりすぎてしまったかも知れません。『グッドフェローズ』ではナレーションの台本が終わるタイミングが分かりましたが、映画『カジノ』全体は基本的に途切れることがありません。プロットの一部が、登場人物たちの談話シーンで語られることがあり、それはスコセッシの好みでしょう。情報を伝える際には、ナレーションは最後の選択肢として使用される、などといった制約は『カジノ』には存在しません。 強烈で複雑なキャラクター 『グッドフェローズ』は、お互いのアイデンティティ、不完全性、特殊性が際立つキャラクターを作り出すという見事な仕事をしています。『カジノ』は更に秀逸で、主人公2人組の力強い友情を構築する努力をしています。また、マーティン・スコセッシ監督作品の特徴の一つに、ポップ音楽の使用があります。彼は音楽を作品のムードを完璧に表現するために用いています。優れた映画監督であるクエンティン・タランティーノ、リチャード・リンクレイター、コーエン兄弟の特徴と同様です。『カジノ』のサウンドトラックは、『グッドフェローズ』のサウンドトラックで使用したのと同じ技術を活用しているので ―トニー・ベネット、スロッピー・ウォーターズ、クリーム、ディグニタリー・マーティンなど― これらのアルバムは同じ感じです。... Read More
『グッドフェローズ』と非常に関連した内容であるため、『カジノ』はこの作品のリメイクのように感じられました。 その理由とは マーティン・スコセッシ監督は、5年前に有名なギャング映画『グッドフェローズ』で一世を風靡しました。同じくギャング映画『カジノ』の評価はやや低くなりましたが、映画の観客を魅了しました。しかし『グッドフェローズ』とテーマ、筋書き、キャラクターが似ているため、リメイクのように感じられたのです。 当初は、『グッドフェローズ』の二番煎じとして軽視されていました。これはいろいろな意味でもっともと言える場合もあるでしょうが、批評家が『カジノ』に極端に反応しすぎたとも言えるかもしれません。ここでは、マーティン・スコセッシ監督の『カジノ』がどのように評価されているか、なぜ過小評価されているか、『グッドフェローズ』のリメイクに過ぎないと言われているかなど、その理由を5つご紹介します。 映画による最良のラスベガス描写 多くの映画は、ドラッグ、ゲーム、ストリッパーに溢れた都市としてラスベガスを描いてきました。最も効果的なのは、週末にパーティーをするのに最適な場所と考える人の側からの描写です。ほとんどの映画は、前者(例:ハングオーバー)または後者(例:リービング・ラスベガス)のどちらの描写であるかが明白です。 『カジノ』が最高なのは、これら両方の側面を独自の巧みなバランスで描いているからです。一部のゲーマーは間違いなくカジノを楽しむでしょうし、突然悪辣な考えを起こすかもしれません。そのような微妙な境界線上を漂っているのです。 『グッドフェローズ』のリメイク:ニコラス・ピレッジの情報豊富な執筆スタイル 『グッドフェローズ』と『カジノ』は似ているかもしれません。確かに、まさに同じ著者ニコラス・ピレッジによる実話の犯罪本を基にしています。ピレッジは、両方の脚本作りでマーティン–スコセッシと協力しました。脚本はどちらも、ノンフィクション小説に相当するノンフィクション映画のスタイルで書かれています。 作家コンビが独特の作風を持っているのは、決して悪いことではありません。コーエン兄弟の脚本も、どれも同じような書き方をしています。しかし、作風を生かして協力して様々なテーマを扱っているので、リメイクのようには決して感じられません。 『グッドフェローズ』各キャラクターの結末 『グッドフェローズ』では、ヘンリー・ヒルの人格に迫ります。ヘンリーが仲間を裏切り、証人保護の名の下に姿を消したという、原作の本当の筋書きに起因する部分もあります。しかし登場人物の大部分は、有罪判決を受け、刑務所送りとなっています。 『グッドフェローズ』のリメイク:ギャングたちの栄枯盛衰 マーティン・スコセッシは、組織犯罪をテーマにした映画を数多く製作してきました。『カジノ』と『グッドフェローズ』以外に同じ設定のものはありません。『ミーン・ストリート』ではいとことある男の関係を描きます。『ディパーテッド』はいたちごっごのスリラーですし、『ギャング・オブ・ニューヨーク』アメリカの移民についての話です。... Read More
da block

This is an optional subtitle

映画『カジノ』は、誰もが耳にしたことがあるのではないでしょうか。カジノの内側まで見せてくれるハリウッド映画で、仲の良い友人たちが自力でカジノ帝国を築き上げようとする物語です。その過程で直面する問題が描かれています。1995年に大ヒットしました。この映画を長すぎるという人もいますが、実際のところ、見ている間に飽きることはありません。この映画は、見る時間を費やすだけの価値があります。同時に、カジノについていろんなことを理解できるようになります。カジノについてもっと知りたいと思っているのなら、当然見たいと思うでしょう。見て損はありません。 カジノ映画を見る理由は? 前述のように、この映画を見ればカジノのことがいろいろ分かります。映画に出てくるカジノは非現実的のように思えますが、このカジノは現実に存在するのです。この映画で多くの知識が得られるでしょう。話の展開が面白いだけでなく、同様に、非常に多くのアイデアが得られると思います。作中のちょっとしたことまで気が付くのではないでしょうか。だからこそ、この映画を見たくなるし、見ていて楽しいポイントでしょう。時が過ぎるのを忘れるでしょう。カジノの映画は退屈しないので、週末に最高の映画です。この映画は、90年代後半の傑作であり最高の映画だと言われています。ぜひ見ておきたいものです。 家族と見て楽しめる映画ですか? もちろんです。恐らく子どもはじっと座って映画をしっかりと見ないでしょうから。また、友達をテーマにした映画ですから、友達と一緒に観てもいいでしょう。友達と一緒に見ることになれば、全編を通して新しい体験となり、あらゆるシーンを楽しめるます。この映画では、カジノで実際に起こっていることが出てきます。カジノをプレイしたことがある人なら、共感できるはずです。カジノのことを知らない人でも、何らかのヒントが得られるでしょう。 かなり長い映画ですか? 本作品の上映時間はやや長めですが、話の展開や物語を理解し出すとあっという間に時間が経つでしょう。映画のストーリーが非常に興味深いのでご心配なく。これこそ、この映画を見るべき理由であり、間違いなくカジノについて詳しく理解できるようになります。... Read More
マーティン・スコセッシ監督は、この魅力的な映画『カジノ』の中で、ラスベガスとマフィアのつながりの一端を描きました。本作は、かつてギャングのために4つのカジノを経営していた男性の実話を描いた、ニコラス・ピレッジの本をもとにしています。ミステリアスな場所にいる気分になる人もいるでしょう。 映画『カジノ』の良さ 映画は冒頭から自動車爆弾で始まり、サム・「プロ」・ロススティーンという人物について語られます。そして彼の身に起こっていることが描き出されていきます。最初の1時間は語りであり、ロススティーン(ロバート・デ・ニーロ)らがカジノで何百万ドルもを稼ぎ出す様子が描かれます。 これはたいへん不思議です。スロットマシンの25%が手に入ると想像してみてください。大量のコインをどう処理しますか?どうやって毎週カンザスシティの仲間たちに運べるよう紙幣に変えますか?『カジノ』ならそれが分かります。他の娯楽や食品店の報酬からかすめ取る方法までも分かります。そしてカジノで不正にくすねようとすると、どうなるかも。ブラックジャックで男がイカサマをするハプニングがありますが、警備員数人が男のところに走ってきて、おどろおどろしい武器を突きつけます。 想像を絶する結果 『カジノ』は、『グッドフェローズ』と同じキャスティングで製作されました。ロバート・デ・ニーロとジョー・ペシは、別の暴力映画にもキャスティングされています。 映画『カジノ』の良さ スコセッシは例外なく成功を収め俳優たちも素晴らしく演じている中、他の人をキャスティングする必要が一体あるでしょうか?ロバート・デ・ニーロ演じるサム・ロススティーンは、『タクシー・ドライバー』でのトラヴィス・ビックルや『キングオブコメディ』のルパート・パプキンのような素晴らしい役ではないかも知れませんが、デ・ニーロはこの役柄を演じることに非常にコミットしています。ペシも同様ですし、サムの妻を演じるシャロン・ストーンは格別です。 語りによるモノローグ 『グッドフェローズ』と同じく、『カジノ』はナレーションによって語られます。スコセッシは、『グッドフェローズ』が好評だったため『カジノ』でも少しやりすぎてしまったかも知れません。『グッドフェローズ』ではナレーションの台本が終わるタイミングが分かりましたが、映画『カジノ』全体は基本的に途切れることがありません。プロットの一部が、登場人物たちの談話シーンで語られることがあり、それはスコセッシの好みでしょう。情報を伝える際には、ナレーションは最後の選択肢として使用される、などといった制約は『カジノ』には存在しません。... Read More
da block
『グッドフェローズ』と非常に関連した内容であるため、『カジノ』はこの作品のリメイクのように感じられました。 その理由とは マーティン・スコセッシ監督は、5年前に有名なギャング映画『グッドフェローズ』で一世を風靡しました。同じくギャング映画『カジノ』の評価はやや低くなりましたが、映画の観客を魅了しました。しかし『グッドフェローズ』とテーマ、筋書き、キャラクターが似ているため、リメイクのように感じられたのです。 当初は、『グッドフェローズ』の二番煎じとして軽視されていました。これはいろいろな意味でもっともと言える場合もあるでしょうが、批評家が『カジノ』に極端に反応しすぎたとも言えるかもしれません。ここでは、マーティン・スコセッシ監督の『カジノ』がどのように評価されているか、なぜ過小評価されているか、『グッドフェローズ』のリメイクに過ぎないと言われているかなど、その理由を5つご紹介します。 映画による最良のラスベガス描写 多くの映画は、ドラッグ、ゲーム、ストリッパーに溢れた都市としてラスベガスを描いてきました。最も効果的なのは、週末にパーティーをするのに最適な場所と考える人の側からの描写です。ほとんどの映画は、前者(例:ハングオーバー)または後者(例:リービング・ラスベガス)のどちらの描写であるかが明白です。 『カジノ』が最高なのは、これら両方の側面を独自の巧みなバランスで描いているからです。一部のゲーマーは間違いなくカジノを楽しむでしょうし、突然悪辣な考えを起こすかもしれません。そのような微妙な境界線上を漂っているのです。 『グッドフェローズ』のリメイク:ニコラス・ピレッジの情報豊富な執筆スタイル 『グッドフェローズ』と『カジノ』は似ているかもしれません。確かに、まさに同じ著者ニコラス・ピレッジによる実話の犯罪本を基にしています。ピレッジは、両方の脚本作りでマーティン–スコセッシと協力しました。脚本はどちらも、ノンフィクション小説に相当するノンフィクション映画のスタイルで書かれています。 作家コンビが独特の作風を持っているのは、決して悪いことではありません。コーエン兄弟の脚本も、どれも同じような書き方をしています。しかし、作風を生かして協力して様々なテーマを扱っているので、リメイクのようには決して感じられません。... Read More
もしマフィアが存在していなくても、必ずマフィアは登場するでしょう。ラスベガスと同じです。法の外にある何でもできるものを信じたいという願望は共通して存在しています。恵まれている億万長者なら、昼も夜もなくお金で何でも買えますが、当然、ラスベガスに行く人は損をすることもあります。それでも、人は希望という夢を見るものです。大半の人が楽観主義者でなければ、ラスベガスも存在しなかったでしょう。 マーティン・スコセッシ監督の興味深い映画『カジノ』では、マフィアとラスベガスの関係について多くのことが学べます。本作は、かつてギャングのために4つのカジノを経営していた男性の実話を描いた、ニコラス・ピレッジの本を題材にしています。人目につかない場所で、まるで盗み聞きをしているかのような気分になるでしょう。映画は自動車爆弾から始まり、サム・「エース」・ロススティーンの姿がスクリーンに描き出されます。 冒頭 最初の1時間は、ロススティーン(ロバート・デ・ニーロ)らが、マフィアがカジノで大金を搾り取った様子を語ります。その夜はまるでドキュメンタリーのようです。 これは、魅力的な表現方法です。もしスロットマシンの25%を略奪できたとしたら ― その大量のコインをどうしますか?毎週カンザスシティのギャングに配るため、スーツケースに入れられる紙幣に変えるにはどうすればいいのでしょうか?『カジノ』なら熟知しています。他のフードショップや、ギフトショップでくすね取る方法も。ある男がブラックジャックで不正行為をした際には、警備員数人が銃を突きつけました。カジノが金を奪われないよう、どうしているのかも熟知しています。 彼は倒れ、警備員に治療にと小部屋に連れていかれます。その後、彼は自分が重大なミスを犯したことを認めました。 ロススティーンには複数の才能があったため、スポーツブックメーカーとして活動を始めます。これは実在の人物フランク・「レフティ」・ローゼンタールをモデルにしています。『カジノ』経営の力があり、ひとめぼれした金銭至上主義のジンジャー(シャロン・ストーン)と結婚します。 ジンジャーを見たエースはフリーズしてしまいます―ジンジャーに夢中になってしまうのです。エースは彼女に山のようなプレゼントを贈りますが、彼女はレスター・ウッズというヒモ男との関係も諦めたくはありません。しかし彼女はロススティーンに身売りします。車、宝石、毛皮、プールハウス、そして金庫の鍵のため、彼女はロススティーンと結婚するのでした。それは、エースにとって大きな間違いでした。そしてこれが、映画『カジノ』がこれほど良い映画たる理由ともなっています。... Read More

CALL TO ACTION BLOCK

A Clever Headline

This is a call to action block from the tipi builder. 

Increase visitor clicks to anything you want.

Optional tasty subtitle

映画『カジノ』は、誰もが耳にしたことがあるのではないでしょうか。カジノの内側まで見せてくれるハリウッド映画で、仲の良い友人たちが自力でカジノ帝国を築き上げようとする物語です。その過程で直面する問題が描かれています。1995年に大ヒットしました。この映画を長すぎるという人もいますが、実際のところ、見ている間に飽きることはありません。この映画は、見る時間を費やすだけの価値があります。同時に、カジノについていろんなことを理解できるようになります。カジノについてもっと知りたいと思っているのなら、当然見たいと思うでしょう。見て損はありません。 カジノ映画を見る理由は? 前述のように、この映画を見ればカジノのことがいろいろ分かります。映画に出てくるカジノは非現実的のように思えますが、このカジノは現実に存在するのです。この映画で多くの知識が得られるでしょう。話の展開が面白いだけでなく、同様に、非常に多くのアイデアが得られると思います。作中のちょっとしたことまで気が付くのではないでしょうか。だからこそ、この映画を見たくなるし、見ていて楽しいポイントでしょう。時が過ぎるのを忘れるでしょう。カジノの映画は退屈しないので、週末に最高の映画です。この映画は、90年代後半の傑作であり最高の映画だと言われています。ぜひ見ておきたいものです。 家族と見て楽しめる映画ですか? もちろんです。恐らく子どもはじっと座って映画をしっかりと見ないでしょうから。また、友達をテーマにした映画ですから、友達と一緒に観てもいいでしょう。友達と一緒に見ることになれば、全編を通して新しい体験となり、あらゆるシーンを楽しめるます。この映画では、カジノで実際に起こっていることが出てきます。カジノをプレイしたことがある人なら、共感できるはずです。カジノのことを知らない人でも、何らかのヒントが得られるでしょう。 かなり長い映画ですか? 本作品の上映時間はやや長めですが、話の展開や物語を理解し出すとあっという間に時間が経つでしょう。映画のストーリーが非常に興味深いのでご心配なく。これこそ、この映画を見るべき理由であり、間違いなくカジノについて詳しく理解できるようになります。... Read More

Optional tasty subtitle

映画『カジノ』は、誰もが耳にしたことがあるのではないでしょうか。カジノの内側まで見せてくれるハリウッド映画で、仲の良い友人たちが自力でカジノ帝国を築き上げようとする物語です。その過程で直面する問題が描かれています。1995年に大ヒットしました。この映画を長すぎるという人もいますが、実際のところ、見ている間に飽きることはありません。この映画は、見る時間を費やすだけの価値があります。同時に、カジノについていろんなことを理解できるようになります。カジノについてもっと知りたいと思っているのなら、当然見たいと思うでしょう。見て損はありません。 カジノ映画を見る理由は? 前述のように、この映画を見ればカジノのことがいろいろ分かります。映画に出てくるカジノは非現実的のように思えますが、このカジノは現実に存在するのです。この映画で多くの知識が得られるでしょう。話の展開が面白いだけでなく、同様に、非常に多くのアイデアが得られると思います。作中のちょっとしたことまで気が付くのではないでしょうか。だからこそ、この映画を見たくなるし、見ていて楽しいポイントでしょう。時が過ぎるのを忘れるでしょう。カジノの映画は退屈しないので、週末に最高の映画です。この映画は、90年代後半の傑作であり最高の映画だと言われています。ぜひ見ておきたいものです。 家族と見て楽しめる映画ですか? もちろんです。恐らく子どもはじっと座って映画をしっかりと見ないでしょうから。また、友達をテーマにした映画ですから、友達と一緒に観てもいいでしょう。友達と一緒に見ることになれば、全編を通して新しい体験となり、あらゆるシーンを楽しめるます。この映画では、カジノで実際に起こっていることが出てきます。カジノをプレイしたことがある人なら、共感できるはずです。カジノのことを知らない人でも、何らかのヒントが得られるでしょう。 かなり長い映画ですか? 本作品の上映時間はやや長めですが、話の展開や物語を理解し出すとあっという間に時間が経つでしょう。映画のストーリーが非常に興味深いのでご心配なく。これこそ、この映画を見るべき理由であり、間違いなくカジノについて詳しく理解できるようになります。... Read More

Global Latest

This is an optional subtitle

映画『カジノ』は、誰もが耳にしたことがあるのではないでしょうか。カジノの内側まで見せてくれるハリウッド映画で、仲の良い友人たちが自力でカジノ帝国を築き上げようとする物語です。その過程で直面する問題が描かれています。1995年に大ヒットしました。この映画を長すぎるという人もいますが、実際のところ、見ている間に飽きることはありません。この映画は、見る時間を費やすだけの価値があります。同時に、カジノについていろんなことを理解できるようになります。カジノについてもっと知りたいと思っているのなら、当然見たいと思うでしょう。見て損はありません。 カジノ映画を見る理由は? 前述のように、この映画を見ればカジノのことがいろいろ分かります。映画に出てくるカジノは非現実的のように思えますが、このカジノは現実に存在するのです。この映画で多くの知識が得られるでしょう。話の展開が面白いだけでなく、同様に、非常に多くのアイデアが得られると思います。作中のちょっとしたことまで気が付くのではないでしょうか。だからこそ、この映画を見たくなるし、見ていて楽しいポイントでしょう。時が過ぎるのを忘れるでしょう。カジノの映画は退屈しないので、週末に最高の映画です。この映画は、90年代後半の傑作であり最高の映画だと言われています。ぜひ見ておきたいものです。 家族と見て楽しめる映画ですか? もちろんです。恐らく子どもはじっと座って映画をしっかりと見ないでしょうから。また、友達をテーマにした映画ですから、友達と一緒に観てもいいでしょう。友達と一緒に見ることになれば、全編を通して新しい体験となり、あらゆるシーンを楽しめるます。この映画では、カジノで実際に起こっていることが出てきます。カジノをプレイしたことがある人なら、共感できるはずです。カジノのことを知らない人でも、何らかのヒントが得られるでしょう。 かなり長い映画ですか? 本作品の上映時間はやや長めですが、話の展開や物語を理解し出すとあっという間に時間が経つでしょう。映画のストーリーが非常に興味深いのでご心配なく。これこそ、この映画を見るべき理由であり、間違いなくカジノについて詳しく理解できるようになります。... Read More
マーティン・スコセッシ監督は、この魅力的な映画『カジノ』の中で、ラスベガスとマフィアのつながりの一端を描きました。本作は、かつてギャングのために4つのカジノを経営していた男性の実話を描いた、ニコラス・ピレッジの本をもとにしています。ミステリアスな場所にいる気分になる人もいるでしょう。 映画『カジノ』の良さ 映画は冒頭から自動車爆弾で始まり、サム・「プロ」・ロススティーンという人物について語られます。そして彼の身に起こっていることが描き出されていきます。最初の1時間は語りであり、ロススティーン(ロバート・デ・ニーロ)らがカジノで何百万ドルもを稼ぎ出す様子が描かれます。 これはたいへん不思議です。スロットマシンの25%が手に入ると想像してみてください。大量のコインをどう処理しますか?どうやって毎週カンザスシティの仲間たちに運べるよう紙幣に変えますか?『カジノ』ならそれが分かります。他の娯楽や食品店の報酬からかすめ取る方法までも分かります。そしてカジノで不正にくすねようとすると、どうなるかも。ブラックジャックで男がイカサマをするハプニングがありますが、警備員数人が男のところに走ってきて、おどろおどろしい武器を突きつけます。 想像を絶する結果 『カジノ』は、『グッドフェローズ』と同じキャスティングで製作されました。ロバート・デ・ニーロとジョー・ペシは、別の暴力映画にもキャスティングされています。 映画『カジノ』の良さ スコセッシは例外なく成功を収め俳優たちも素晴らしく演じている中、他の人をキャスティングする必要が一体あるでしょうか?ロバート・デ・ニーロ演じるサム・ロススティーンは、『タクシー・ドライバー』でのトラヴィス・ビックルや『キングオブコメディ』のルパート・パプキンのような素晴らしい役ではないかも知れませんが、デ・ニーロはこの役柄を演じることに非常にコミットしています。ペシも同様ですし、サムの妻を演じるシャロン・ストーンは格別です。 語りによるモノローグ 『グッドフェローズ』と同じく、『カジノ』はナレーションによって語られます。スコセッシは、『グッドフェローズ』が好評だったため『カジノ』でも少しやりすぎてしまったかも知れません。『グッドフェローズ』ではナレーションの台本が終わるタイミングが分かりましたが、映画『カジノ』全体は基本的に途切れることがありません。プロットの一部が、登場人物たちの談話シーンで語られることがあり、それはスコセッシの好みでしょう。情報を伝える際には、ナレーションは最後の選択肢として使用される、などといった制約は『カジノ』には存在しません。 強烈で複雑なキャラクター 『グッドフェローズ』は、お互いのアイデンティティ、不完全性、特殊性が際立つキャラクターを作り出すという見事な仕事をしています。『カジノ』は更に秀逸で、主人公2人組の力強い友情を構築する努力をしています。また、マーティン・スコセッシ監督作品の特徴の一つに、ポップ音楽の使用があります。彼は音楽を作品のムードを完璧に表現するために用いています。優れた映画監督であるクエンティン・タランティーノ、リチャード・リンクレイター、コーエン兄弟の特徴と同様です。『カジノ』のサウンドトラックは、『グッドフェローズ』のサウンドトラックで使用したのと同じ技術を活用しているので... Read More
da block
『グッドフェローズ』と非常に関連した内容であるため、『カジノ』はこの作品のリメイクのように感じられました。 その理由とは マーティン・スコセッシ監督は、5年前に有名なギャング映画『グッドフェローズ』で一世を風靡しました。同じくギャング映画『カジノ』の評価はやや低くなりましたが、映画の観客を魅了しました。しかし『グッドフェローズ』とテーマ、筋書き、キャラクターが似ているため、リメイクのように感じられたのです。 当初は、『グッドフェローズ』の二番煎じとして軽視されていました。これはいろいろな意味でもっともと言える場合もあるでしょうが、批評家が『カジノ』に極端に反応しすぎたとも言えるかもしれません。ここでは、マーティン・スコセッシ監督の『カジノ』がどのように評価されているか、なぜ過小評価されているか、『グッドフェローズ』のリメイクに過ぎないと言われているかなど、その理由を5つご紹介します。 映画による最良のラスベガス描写 多くの映画は、ドラッグ、ゲーム、ストリッパーに溢れた都市としてラスベガスを描いてきました。最も効果的なのは、週末にパーティーをするのに最適な場所と考える人の側からの描写です。ほとんどの映画は、前者(例:ハングオーバー)または後者(例:リービング・ラスベガス)のどちらの描写であるかが明白です。 『カジノ』が最高なのは、これら両方の側面を独自の巧みなバランスで描いているからです。一部のゲーマーは間違いなくカジノを楽しむでしょうし、突然悪辣な考えを起こすかもしれません。そのような微妙な境界線上を漂っているのです。 『グッドフェローズ』のリメイク:ニコラス・ピレッジの情報豊富な執筆スタイル 『グッドフェローズ』と『カジノ』は似ているかもしれません。確かに、まさに同じ著者ニコラス・ピレッジによる実話の犯罪本を基にしています。ピレッジは、両方の脚本作りでマーティン–スコセッシと協力しました。脚本はどちらも、ノンフィクション小説に相当するノンフィクション映画のスタイルで書かれています。 作家コンビが独特の作風を持っているのは、決して悪いことではありません。コーエン兄弟の脚本も、どれも同じような書き方をしています。しかし、作風を生かして協力して様々なテーマを扱っているので、リメイクのようには決して感じられません。 『グッドフェローズ』各キャラクターの結末 『グッドフェローズ』では、ヘンリー・ヒルの人格に迫ります。ヘンリーが仲間を裏切り、証人保護の名の下に姿を消したという、原作の本当の筋書きに起因する部分もあります。しかし登場人物の大部分は、有罪判決を受け、刑務所送りとなっています。... Read More
もしマフィアが存在していなくても、必ずマフィアは登場するでしょう。ラスベガスと同じです。法の外にある何でもできるものを信じたいという願望は共通して存在しています。恵まれている億万長者なら、昼も夜もなくお金で何でも買えますが、当然、ラスベガスに行く人は損をすることもあります。それでも、人は希望という夢を見るものです。大半の人が楽観主義者でなければ、ラスベガスも存在しなかったでしょう。 マーティン・スコセッシ監督の興味深い映画『カジノ』では、マフィアとラスベガスの関係について多くのことが学べます。本作は、かつてギャングのために4つのカジノを経営していた男性の実話を描いた、ニコラス・ピレッジの本を題材にしています。人目につかない場所で、まるで盗み聞きをしているかのような気分になるでしょう。映画は自動車爆弾から始まり、サム・「エース」・ロススティーンの姿がスクリーンに描き出されます。 冒頭 最初の1時間は、ロススティーン(ロバート・デ・ニーロ)らが、マフィアがカジノで大金を搾り取った様子を語ります。その夜はまるでドキュメンタリーのようです。 これは、魅力的な表現方法です。もしスロットマシンの25%を略奪できたとしたら ― その大量のコインをどうしますか?毎週カンザスシティのギャングに配るため、スーツケースに入れられる紙幣に変えるにはどうすればいいのでしょうか?『カジノ』なら熟知しています。他のフードショップや、ギフトショップでくすね取る方法も。ある男がブラックジャックで不正行為をした際には、警備員数人が銃を突きつけました。カジノが金を奪われないよう、どうしているのかも熟知しています。 彼は倒れ、警備員に治療にと小部屋に連れていかれます。その後、彼は自分が重大なミスを犯したことを認めました。 ロススティーンには複数の才能があったため、スポーツブックメーカーとして活動を始めます。これは実在の人物フランク・「レフティ」・ローゼンタールをモデルにしています。『カジノ』経営の力があり、ひとめぼれした金銭至上主義のジンジャー(シャロン・ストーン)と結婚します。 ジンジャーを見たエースはフリーズしてしまいます―ジンジャーに夢中になってしまうのです。エースは彼女に山のようなプレゼントを贈りますが、彼女はレスター・ウッズというヒモ男との関係も諦めたくはありません。しかし彼女はロススティーンに身売りします。車、宝石、毛皮、プールハウス、そして金庫の鍵のため、彼女はロススティーンと結婚するのでした。それは、エースにとって大きな間違いでした。そしてこれが、映画『カジノ』がこれほど良い映画たる理由ともなっています。... Read More
カジノ関連の映画は多数あります。カジノやギャンブルシーンのある映画というだけでは不十分です。良いカジノ映画は、すぐに消えてなくなるようなものではなく、芸術作品である必要があります。カジノゲームやギャンブルを幅広く描いた良質な映画を見つけるのは、容易ではありません。 カジノ映画を見る理由: ギャンブルに関する映画は、変化に富んだ映画が多くドラマチックです。用心深く慎重な人を見るのは楽しいことではありませんが、「大金を手にする」という極端で愚かとも言える希望を持って、常に自分の幸福のために行動する人を見るのは楽しいものです。ギャンブル映画中のプレイヤーは、様々な意味で、難しい案件を担当する熟練警官のようなものです。彼らは通常、賞金を含め、穏やかな生活だけでは満足しません。映画では、カジノ帝国のオーナーが直面する葛藤や、問題を克服していく様子を心中の描写とともに描いていきます。カジノ映画はまた、ギャンブラーがプレイするゲームの現実的な影響を表現しています。 映画からは、ゲームのコツも学べます。また、イカサマをするプレイヤーの見つけ方や、彼らが相手を騙す方法も分かり、現実に役立つ情報が得られます。映画では、カジノゲームの様々な側面や、オーナーが稼いだ利益などが紹介されています。 映画『カジノ』について: 映画『カジノ』は、ラスベガスにカジノ帝国を建設することを目指す2人の友達の話です。この映画のさらに面白い点は、この2人は実話を基にしていることです。この映画に出てくるエースは、ラスベガスの商業地にあるカジノ「タンジール」を経営するイタリア系マフィアの人間です。犯罪歴のあるエースにはカジノ経営のライセンス発給を受ける事が困難でした。そんな苦境の中、マフィアのボスによる手配で、エースの幼馴染のニッキー・サントロが友人を助けようとやって来ます。このボスはニッキーをエース担当に任命した人であり、組織の秘密の保護者でもあります。 エースは成功するために最善を尽くしますが、友人ニッキーの危険かつ暴力的で冷酷な行動により、危機にさらされます。これは、性格の異なる2人の友人がマフィアの助けを借りてカジノで成功しようとする物語です。カジノで成功できるかどうかがクライマックスで、エースは苦闘の末に成功を収めます。程なくして、彼は新しく、持続的で、現代的なカジノに道を譲るべく、タンジールを解散しました。 カジノ映画を見る理由は? この映画を見る人は、劇場席に座ることになるでしょう。サスペンス、友情、愛、裏切りなどの要素が盛りだくさんで、何度でも見たくなる作品です。カジノゲームの様子が映画では芸術的に描かれ、カジノ愛好家なら全編飽きずに見られます。... Read More
da block

This ad is set to only appear on mobile devices